自己紹介(半田 俊夫 / はんだ としお / 40商)

S40商卒。

塾書道部に在籍、稽古や合宿の思い出懐かし。就職は希望が叶い伊藤忠商事・東京本社。所属も希望の航空機部。所属の航空機第一課の業務は航空機部品、機材の防衛庁の輸入販売契約と納入。代理店の米国航空機器メーカーを米国出張で歴訪。契約や納入で日本各地の自衛隊陸海空の基地を往訪し回った思い出多し。入社3年目に今の家内と結婚。同年入社同士の社内結婚で自分たちにとっては一大ロマンス劇でした。(笑)

東京勤務7年の後、70年代の5年間ロサンゼルス駐在。帰国後は航空専門子会社で部長代理兼営業課長。81年春本社で2階級特進で課長役、これをもって十分やれたと満足し周囲を驚かせたが4月末に退社。自己退社の退職金は半分だが承知の上で後悔無し。翌5月5日GoGoの日を選び家族四人で羽田を発ち渡米、移住。退職金と高輪マンションを売った資金を全財産に米国へ向かった。ロス郊外の緑豊かなパサデナに家を持ち自主独立の人生が始まった。子供二人は小学校。米国加州は高校まで公立無償で助かった。さて何をやるかと自問しつつ商社キャリアの自分が出来るのはこれ、と米人弁護士の手助けで自分の商社を設立。AMECInc.の誕生。社名は自分が取り扱いを考えたAircraft, Ma-chinery, Electronics,Chemicalの頭文字から採った。主に日本へ航空機部品の輸出。30年間経営し無事引退。その後10年間ロス日系社会でボランティア活動に専念、南カリフォルニア日系商工会議所の会頭に3年就任、南加日系協会やロス東京会の会長を5期務める。

2014年に日本政府から叙勲され皇居で平成天皇から旭日双光章を拝受した。19年に夫婦で帰国し世田谷区成城に家を建て落ち着き現在に至る。毎週、剣術道場と卓球教室に通う。

ロスに友人を残し東京では交友が少ない中に先輩から紹介を受けた調布三田会は楽しく貴重な塾同窓の交友の場。今後も楽しみ大事にしたい。完